• 交通アクセス
  • 休日・夜間診療
  • 病診連携について
  • 採用情報

医療技術部門 リハビリテーション技術科

概要

8_3_5_01

いつも和やかで豊かな心でいられること

-それは病気の回復をはやめる最高の治療です。

 

リハビリテーションは患者さまができるだけ早く、社会復帰、家庭復帰できるように実践される医療です。他の診療科とは異なり特定の疾患を取り扱うものではなく、病気が原因で日常生活に障害のある人が対象となります。

当院のリハビリテーション科は総合承認施設として認定されており、充実したスタッフが診療にあたります。主に骨関節疾患や脳血管障害、神経筋疾患、心肺疾患など様々な患者さまに対し、急性期から慢性期、在宅まで集中的なリハビリテーション医療を実践しています。また、脳性麻痺や精神発達遅滞、自閉症などの疾患のあるお子さんに対しても、小児科と密接に連携し総合的にアプローチしております。

スタッフ一同患者様に適した治療により、日常生活の障害を軽減し、社会復帰、家庭復帰にむけてお手伝いさせていただきます。

理学療法

  • 8_3_5_02
  • 8_3_5_03

病気や外傷などで生じた障害に対し、「寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩く」といった日常生活の基本となる動作を運動療法により改善させます。

運動療法とは筋力維持・増強のための筋力訓練や手足の拘縮予防・改善の関節可動域訓練、日常生活に必要な基本動作訓練などのことであり、一日も早い日常生活への復帰を行います。また、温熱、電気、光線、牽引など機器を用いた治療(物理療法)により疼痛の軽減を図ります。

作業療法

    8_3_5_04
    8_3_5_05

病気や外傷によって生じた障害の回復を、日常生活全般に必要とされる多くの動作、作業を通じて治療・訓練します。

その内容は、手芸、木工などの趣味的な作業に加え、入浴や排泄、料理など、社会復帰後の身近な生活シーンを想定した幅広い訓練指導です。また、退院にあたって家屋の改造の相談に応じたり、家屋訪問を行なって適切な助言、指導も行なっています。

ここでの「作業」とは、人間が生きて行なうすべての行為、活動(精神的・身体的)動作です。そして、作業は人間が存在している環境(文化的、制度的、物理的)に影響されます。

言語療法

脳血管障害などの病気によって生じたコミュニケーション障害に対し言語・構音(発音)訓練を行ないます。

コミュニケーションの障害には「話す」「聴く」「読む」「書く」などの言語の障害や、舌や口唇などの麻痺による発音の障害が含まれます。また、嚥下(ものを飲み込むこと)の障害に対する摂食・嚥下訓練も行ないます。さらに、言葉の遅れのある小児の言語訓練・発音訓練なども行ないます。

患者さまひとりひとりのニーズに合った治療により、社会復帰に向けてのお手伝いさせていただきます。