• 交通アクセス
  • 休日・夜間診療
  • 病診連携について
  • 採用情報

医療技術部門 放射線技術科

概要

デジタル方式による最新医用画像を提供しています。

 

放射線技術科は全診療科から依頼される放射線検査・MRI検査のすべてを担っています。診療放射線技師6名、看護師2名、助手3名のスタッフにより検査を展開しております。
現在、胸部撮影や骨の撮影などの一般撮影をはじめ、CT、MRI、消化管造影、尿路造影、胆道造影、骨塩素量測定など多岐にわたる画像撮影を行っています。
また地域の中核病院として地域連携室を通じ、近隣の医療機関からの依頼に対し積極的に対応しております。

一般撮影

X線を使用して胸や骨の撮影を行い、CR(デジタルX線画像診断)システムを用いて撮影データーをコンピューター処理することにより、従来のX線フィルムに比べ被曝線量の低減かつ良質な画像を提供しています。

X線CT検査

8_3_2_02
CT

X線とコンピューターを使って身体の内部の様子を速く細かく、しかも連続で撮影して画像にします。1回の息止めで胸やお腹を全て撮ることが出来る優れものです。体の任意断面も自由に画像とすることが可能です。
造影剤を使用した検査では、経時的に撮影し、より精度の高い診断が得られます。検査の所要時間は約10~40分です。

乳房撮影検査(マンモグラフィー)

img_03
マンモグラフィー

乳房は柔らかい組織で出来ているため、専用の装置を使って撮影します。マンモグラフィーは、触知不能な乳がんも検出することができる感度の高い検査方法です。
最近では乳腺疾患が増加しつつあり早期発見・精査目的でのマンモグラフィー検査の重要性が高まっています。
当院では、診療放射線技師2名がマンモグラフィー撮影認定を取得し、また、マンモグラフィー検診施設画像認定を受けて検査を実施しています。検査の所要時間は15~20分です。

MRI検査

8_3_2_01
MRI

磁場の強さが1.5テスラ【15,000ガウス】という強い磁石と電磁波を使って身体の内部の様子を撮影し画像にします。X線を使用しないので放射線被曝がなく、身体の断面も自由に設定することができ、脳、脊髄、内臓、筋肉、関節、血管などを画像にすることができます。
造影剤を使用した検査では、より精度の高い診断が得られます。検査の所要時間は約20~45分です。

消化管検査

X線TV装置
X線TV装置

消化管検査は食道・胃・小腸(十二指腸を含む)・大腸を画像として写し出して診断します。検査方法には2種類あります。1つはX線と造影剤を使用し画像にする食道・胃・小腸造影検査と大腸造影検査があります。もう1つは電子ファイバースコープを使用し、画像をモニターに映しだす胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査があります。
造影検査は診療放射線技師が担当し、内視鏡検査は担当医師が行っています。検査の所要時間は食道のみ約10分、食道・胃・十二指腸約30分、小腸約30~60分、大腸約30分です。胃内視鏡約20分、大腸内視鏡約30分です。

骨塩素量測定検査

骨塩素量測定検査
骨塩素量測定

X線を使用し、腰椎または股関節でのX線吸収値から骨に含まれるカルシウムなどの骨塩素量(骨密度)を測定します。検査の所要時間は約10分です。

超音波検査

超音波(耳に聞こえない位の極めて高い音波)を使って身体の内部の様子を撮影し画像にします。端触子の方向にあわせて多方向からの撮影が可能です。痛みや身体に対する害が無いため繰り返し行えます。検査の所要時間は約10分です。
検査の対象は、甲状腺、乳腺、腹部(肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・骨盤内臓器)、皮膚腫瘤などです。