• 交通アクセス
  • 休日・夜間診療
  • 病診連携について
  • 採用情報

医療技術部門 薬剤科

薬のことは気軽に薬剤科にお尋ねください。~薬剤師がお答えします。

調剤と服薬指導

調剤と服薬指導

処方された薬の量や服用方法は適切か、2科以上受診している方は他の科と重なっている薬はないか、のみあわせの悪い薬(作用を強めたり、うち消したりする組み合わせ)はないか、などのチェックを行い、調剤をしています。
薬を正しく服用していただくため、1回分の薬をワンパックにまとめたり、錠剤を粉にしています。薬の名前・効能効果・服用方法・副作用などが書かれた「お薬の説明書」をお渡ししています。また、吸入薬やインスリン注射を正しく使っていただくため、使用方法の説明をしています。

薬剤管理指導業務

薬剤管理指導業務

入院患者様には担当薬剤師が訪問して薬の説明をしております。正しく安心して服用していただくため、患者様からの質問にお答えしたり、服用時間に仕切った箱をお渡ししています。
また、回診やカンファレンスに参加して、薬の効果や副作用の防止について常に医師・看護師と連携をはかっています。
薬のなかには体の中にいつも決まった量が入っていないと効果が出なかったり、少しでも量が多いと副作用が出るものがあります。
そのため最小限の薬の量で、最大限の効果がでるように血液中のクスリの濃度から適切な薬物量を計算し、医師に報告しています。

注射薬

入院患者様に処方された注射薬を、患者様毎に一回分ずつセットにし、お名前のシールを貼って病棟へ渡しております。
抗悪性腫瘍剤のプロトコールの監査を行うとともに、混合を無菌で行っています。
また、抗リウマチ薬の注射の混合も無菌で行い、治療の安全性の確保に努めています。

糖尿病教室

医師、看護師、栄養士、理学療法士、臨床検査技師と共にチームを組んで「糖尿病教室」行っており、そのなかで薬剤師は「薬物療法」についてお話ししています。

医薬品情報の管理・提供

副作用や新薬に関する情報の収集と整理を行って、医師・看護師へ提供し、よりよい薬物療法が行えるよう努めております。また医薬品に関する問い合わせにも迅速に対応できるよう努力しています。
日々変化・進歩していく治療法や、新薬に対応するために新薬勉強会や、当院の医師による臨床勉強会を行い、レベルアップを目指しています。