• 交通アクセス
  • 休日・夜間診療
  • 病診連携について
  • 採用情報

診療科 整形外科

当科の概要

整形外科では、骨、関節、脊椎などの疾患を担当しています。最新の検査機器、治療機器を使って、骨折、変形性関節症、椎間板ヘルニアなどの主として脊椎・運動器疾患を、保存的にあるいは手術的に治療しています。治療中に必要なリハビリも、スタッフ、施設とも十分に整備されています。この他、他科の医師、MSWや看護師、いろんな専門職の人たちとチーム医療を行っています。当科は日本整形外科学会研修認定施設で、医学部卒業後の若い医師を専門医として教育指導するスタッフと設備があると認められています。

■日常診療の様子と治療方針

外来の患者さまは、高齢化社会を反映し、お年寄りが比較的多いようです。したがって、骨粗鬆症の診断と治療、予防については十分に行われています。とくに予防的見地から、地元医師会や学校、地域健康課と協力して学童期骨健診を行っています。 また、変形性関節症(膝、股関節など)、リウマチなどで通院されている患者さまも多く、リウマチの専門外来ももうけています。もちろん事故等による骨折の患者様も頻度の高い疾患として治療にあたっています。 最近では、手術は年間200~250件ありますが、骨折などの外傷や人工関節手術で60%を占めています。整形外科疾患の治療は長期にわたることが多く、治療方法についても多岐にわたることがあります。私たちは最新の情報を基に、これらを提供し、個人個人にもっともよい方法を共に選択し、実施しています。

■人工関節置換術

変形性膝関節症・変形性股関節症や、関節リウマチで関節軟骨や、関節の変形が高度なために、疼痛や可動域制限があり、日常生活に支障を来たしている患者さまに対して当科では人工膝関節全置換術を行っています。

医師紹介

名誉院長:打村 昌一(うちむら しょういち)

名誉院長:打村 昌一(うちむら しょういち)

神戸大学 昭和46年卒 都会では希薄になりがちな人間関係が、私たちの地域にはまだまだ息づいています。 地域の病院は、地域の方の思い入れがなければ成りたちません。地域の方々が、病院にどのようなものを求めているかを確認しながら、患者さまの立場を理解して、患者さまの目線にたって治療にあたることを心がけていきます。何かあれば相談しに来てください。 所属学会・資格等:医学博士、日本整形外科学会(指導医・専門医)、日本リウマチ学会(専門医)、中部日本整形災害外科学会(評議員)、日本関節病学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

整形外科診療部長:尾﨑 昭洋(おざき あきひろ)

整形外科統括診療部長:尾﨑 昭洋(おざき あきひろ)

神戸大学 昭和63年卒 高齢者の方が多い地域なので、膝の人工関節などの住民のニーズにあった治療を提供していきたいと思っています。微力ではありますが、地域の医療に貢献していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 所属学会・資格等:医学博士、日本整形外科学会(認定医・専門医)、日本骨折治療学会、中部日本整形外科災害外科学会、日本足の外科学会

整形外科診療部長:山口 晋司(やまぐち しんじ)

整形外科診療部長:山口 晋司(やまぐち しんじ)

神戸大学 平成9年卒 整形外科の領域では、転んだりしての骨折や外傷が多いのですが、高齢の方は入院期間が長期化する傾向がありますので、できるだけ早めにリハビリに入っていただくようにしています。整形外科領域について、この地域で大抵のことは対応できるようにと日々心がけています。 所属学会・資格等:日本整形外科学会

整形外科医員:髙田 佑真(たかだ ゆま)

整形外科医員:髙田 佑真(たかだ ゆま)

信州大学 平成20年卒 所属学会・資格等:日本整形外科学会

整形外科医員:玉岡 拓也(たまおか  たくや)

整形外科医員:玉岡 拓也(たまおか たくや)

大学 平成25年卒 所属学会・資格等:日本整形外科学会

専門外来について

riumati

■リウマチ外来 (毎週火曜日 午前診 担当医師  打村院長)

関節リウマチ及び関連疾患の専門外来です。周辺診療圏で専門外来として診療しているのは当院だけですので、100名ほどの患者さまが北は但馬、南は神戸から通院されています。通常の外来診察よりも、十分余裕を持って1人の方の診療しているのが特徴です。