• 交通アクセス
  • 休日・夜間診療
  • 病診連携について
  • 採用情報

診療科 総合診療

当科の概要

医師紹介

総合診療部長兼地域連携室長:中山 一郎(なかやま いちろう)

総合診療部長兼地域連携室長:中山 一郎(なかやま いちろう)

神戸大学 昭和63年卒

高齢の方に心臓の病気が増えてきています。胸が痛いほかに、喉が痛い、左肩が凝るといった症状にも心臓病が隠れています。いろんな症状に気を配ることが大事ですので、胸が痛い、どうき、息切れ、足の甲や脛にむくみがあれば病院で診察を受けるようにしてください。 もう一つ、心臓病は生活習慣に深く関わっています。コレステロールが高い、糖尿病や肥満、高血圧などが基礎になって発症するので生活習慣病の改善と、食事での塩分や入浴など、普段の生活にも留意することが大切です。

専門分野:循環器内科

所属学会・資格等:医学博士、日本内科学会(総合内科専門医)、日本循環器学会(循環器専門医)、日本救急医学会(ICLS認定インストラクター)、日本医師会認定産業医、日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医

総合診療医員:樫木 孝次(かしき こうじ)

総合診療医員:樫木 孝次(かしき こうじ)

神戸大学 平成29年卒

兵庫県養成医師として神戸大学を卒業し、公立宍粟総合病院で2年間の初期研修を終えて、令和2年4月に総合診療部へ着任しました。主な育ちは神戸になるのですが、この公立神崎総合病院の産婦人科でお産を取り上げて頂きました。ご縁があって働かせて頂くことになり大変嬉しく思います。
専門分野としては総合診療を選択して勉強しています。地域の方々の健康上の不安や悩みを受け止め、適切に対応するとともに、安心して暮らしができるように支える総合的な医療を提供できるように心がけています。何か困ったことがあれば何でもご相談ください。
まだ初期研修を終えたばかりで医師としては未熟でありますが、少しでもこの地域の方々の力になれるよう頑張っていきますので、宜しくお願い致します。

非常勤医師:三澤美和医師(大阪医科薬科大学病院)
非常勤医師:大平貴久医師(大阪医科薬科大学病院)
非常勤医師:岩本桃子医師(大阪医科薬科大学病院)
非常勤医師:礒田翔医師 (大阪医科薬科大学病院)