• 交通アクセス
  • 休日・夜間診療
  • 病診連携について
  • 採用情報

当院について ごあいさつ

公立神崎総合病院 開設者 神河町長 山名宗悟

9_3_01
開設者
神河町長:山名宗悟

当院は、兵庫県のほぼ中央部、姫路市の北25km、国道312号線沿いに位置しています。
昭和21年に「県立粟賀診療所」として産声をあげて以来、姫路から但馬までで唯一の公的病院として、時々の医療情勢に応じると共に、住民ニーズに的確に対処して参りました。
その具体例として、増改築を繰り返してきましたが、平成2年10月の大規模増改築に伴い、名称も「神崎町病院」から「公立神崎総合病院」と改めました。その後、地域の基幹病院として、保健・医療・福祉センターの地歩を確立してきました。
しかし、老朽化及び狭隘化、耐震構造基準の確保、患者様への安全な食事の提供などの理由により平成15年3月に中館の増改築工事に着工し平成16年12月完成に至りました。
医療環境は厳しさを増すばかりですが、地域の医療を守り発展させていくよう、行政の最重要課題として取り組んでおります。この行政課題を受けて、宮原誠二院長を中心に、全ての職員が一丸となり、より良い保健・医療・福祉サービスの提供に努めていますので、安心してご利用いただけることと確信しています。

公立神崎総合病院 院長 宮原誠二

宮原院長1(2015)
院長:宮原誠二

姫路~但馬間で唯一の公立病院として大きな役割を担う当院は、様々な活動を実行して成果を創出してきました。またその活動については、第三者評価制度を活用することにより実行している内容を評価し、その評価結果を元に改善活動を行うことを継続しています。
しかし、近年の診療報酬の改定をはじめとする医療制度改革、自治体における財政難は、当院に一層のがんばりを求めています。
そこで、私たちは、基本理念として「和と奉仕」を掲げ、

  1. 私たちは、やさしさとぬくもりのある患者さま中心の医療に努めます。
  2. 私たちは、救急医療、高度医療の実践に努め、安全で質の高い医療を提供します。
  3. 私たちは、地域の皆様に、保健・医療・行政機関と連携した包括医療を提供します。
  4. 私たちは、地域の皆様の健康と健康長寿の一助を担うため、予防医療の推進に努めます。
  5. 私たちは、地域医療を担う医療人を育て、地域の方に愛される病院を目指します。
  6. 私たちは、絶えず改革意欲を持ち継続的な改善活動を行ない、地域の病院としてあり続けるために経営体質の強化に努めます。

以上の6つの使命を果たすべく努力しています。
具体的には、平成7年より実践している中期経営計画を飛行図に有機的な活動、つまり過去の成功にとらわれない新たな挑戦を行ってまいる所存です。職員一同地域に必要な医療を提供し続けることを強く認識し、心を一つにして常に挑戦して参ります。
地域の病院は、地域の方々と私たちが一緒になって作っていくものです。皆様のご理解とご支援をよろしくお願いします。