• 交通アクセス
  • 休日・夜間診療
  • 病診連携について
  • 採用情報

病院指標(DPC指標)について 平成27年度 公立神崎総合病院 病院指標(DPC指標)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 29 34 60 79 74 121 252 373 681 251

当院は8つの診療科において入院診療を提供しております。 この指標では、小児科にてご入院されるお子様から100歳を超えられる患者様まで、入院加療を受けられた人数を表示しております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 処置等2_なし 178 24.21 14.96 5.04% 80.04
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置等1_なし 処置等2_なし 定義副傷病名_なし 84 25.41 18.50 2.56% 85.48
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病名_なし 36 34.89 22.02 2.86% 84.42

内科では、肺炎や急性呼吸器感染症などの呼吸器疾患や心不全、狭心症といった循環器系疾患など一般内科疾患の入院加療を実施しております。


外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 処置等2_なし 43 8.05 7.37 0.00% 62.33
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置等1_なし 処置等2_なし 定義副傷病名_なし 26 8.50 9.16 3.85% 71.73
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置等2_なし 22 9.00 5.58 0.00% 71.24

上記以外にも消化器の悪性腫瘍や膵胆管系疾患の方もご入院されております。


整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 腰椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷含む。)手術なし 定義副傷病名_なし 62 28.82 21.93 0.00% 79.43
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 59 41.88 29.62 4.00% 86.34
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 23 16.88 12.06 4.17% 71.96

大腿骨頚部骨折や胸腰椎の圧迫骨折による入院が多くを占めていますが、人工膝関節の置換術や関節リウマチ疾患の方もいらっしゃいます。


小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病名_なし 13 3.38 6.21 0.00% 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 処置等2_なし

院内で出生された新生児を小児科医が診療し必要に応じて入院加療をしております。

ー(ハイフン)が記載されている項目は患者数が10人未満の場合です。


産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx02xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 骨盤位娩出術等 13 6.08 7.58 0.00% 27.00
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 11 9.82 9.99 0.00% 32.18
120260xx02xxxx 分娩の異常 骨盤位娩出術等 11 6.45 6.70 0.00% 26.73

通常分娩はもちろん、帝王切開や婦人科系疾患の入院診療を実施しております。


眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし
020280xx97xxxx 角膜の障害 手術あり

眼科では白内障手術を受けられる方が大多数を占めておりますが今回の公表対象外となる手術に該当しております。

ー(ハイフン)が記載されている項目は患者数が10人未満の場合です。


耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 15 13.27 7.84 6.67% 66.21
030428xxxxxxxx 突発性難聴 12 8.83 9.84 0.00% 73.00
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患

副鼻腔炎や鼻中隔湾曲症に対する手術目的での入院や突発性難聴に対するステロイド療法

を受ける入院患者様がいらっしゃいます。

ー(ハイフン)が記載されている項目は患者数が10人未満の場合です。


麻酔科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹
100380xxxxxxxx 体液量減少症
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 処置等2_なし

主に、周術期の管理を行っております。

また、帯状疱疹やそれに付随する疼痛、悪性腫瘍による各種疼痛などペインコントロールも実施しております。

ー(ハイフン)が記載されている項目は患者数が10人未満の場合です。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 16 1 7
大腸癌 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

(定 義) 5大癌について初発の場合はUICCのTNMから示される病期分類による人数を、再発の場合(再発部位によらない)は期間内の人数を表示しております。表内の人数は延べ人数で表示しております。またStageが「0」のものは集計対象外としております。(UICC分類は第7版を活用)

(解 説)5大癌とは、発症症例数が多いとされる胃癌、大腸癌、肝臓癌、肺癌、乳癌の事をいいます。UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価し、それを指標に癌の進行度と拡がりの程度を、一度に表わすことが出来るように作られたのがStage分類です。 この指標では、当院が入院治療を行った5大癌のStage分類毎の人数を示しております。

※この集計においては、がんを疑い入院をされた患者さまも含まれておりますので、不明となる件数が多くあがっております。

ー(ハイフン)が記載されている項目は患者数が10人未満の場合です。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0
重症度 1 17 20.41 74.18
重症度 2 81 29.23 78.57
重症度 3 55 33.09 85.16
重症度 4 25 34.76 87.20
重症度 5
不明

定 義)成人(20歳以上)の市中肺炎(平成27 年度様式1の肺炎重症度分類の7桁目=5 に相当)につき、重症度別に人数、平均在院日数、平均年齢を示しております。(入院契機傷病名および最も医療資源を投入し傷病名に対するICD10 コードが J13~J18$ で始まるものに限定)

重症度分類は、A-DROPスコアを用いております。重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類しております。

(解 説)市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎の事をいいます。 重症度は「尿素窒素(BUN)」「動脈血酸素飽和度(SPO2)」「血圧」の結果、及び「意識障害」「免疫不全状態」「肺炎重症度規定因子」を基準に沿って評価し、その結果を合算したものになりますので、評価数値が高ければ重症となります。 この指標では、重症度別に当院で治療を実施した人数、入院期間、年齢を示しております。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 30 42.43 83.17 20.00%
その他 13 45.08 85.08 0.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他

(定 義)脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を表示しております。

最も医療資源を投入した傷病のICD10(G45$,G46$,I63$,I65$,I66$,I675,I679)別に集計をしております。

発症日から「3日以内」「その他」に分けた数値を記載しております。 「転院」については、退院先が他の病院・診療所へ転院した方を対象に集計をしております。

(解 説)脳梗塞とは、脳を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいいます。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれる事があります。 この指標では、発症日の違い(急性期、慢性期)による転院率、入院期間の違い等について示しております。

ー(ハイフン)が記載されている項目は患者数が10人未満の場合です。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
K386 気管切開術
K597ー2 ペースメーカー交換術

(定義)診療科別に手術件数の上位3術式について、人数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を表示しております。

同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみ計上しております。複数の診療科に転科している方がそれぞれの科で手術を行った場合術前日数は、DPC上、主たる手術と判断した手術で計算しております。 輸血関連(K920$)、 創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外しております。術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日までで計算しております。 「転院」については、退院先が他の病院・診療所へ転院した場合とし、転院患者数/全退院数で転院率の計算をしております。

ー(ハイフン)が記載されている項目は患者数が10人未満の場合です。


外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 88 0.00 2.36 0.00% 64.99
K654 内視鏡的消化管止血術 28 3.00 12.04 10.71% 70.93
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 19 8.00 16.05 5.26% 78.05

(定義)診療科別に手術件数の上位3術式について、人数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を表示しております。

同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみ計上しております。複数の診療科に転科している方がそれぞれの科で手術を行った場合術前日数は、DPC上、主たる手術と判断した手術で計算しております。 輸血関連(K920$)、 創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外しております。術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日までで計算しております。 「転院」については、退院先が他の病院・診療所へ転院した場合とし、転院患者数/全退院数で転院率の計算をしております。


整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 (大腿) 56 2.89 41.50 5.36% 86.14
K0811 人工骨頭挿入術(股) 15 3.00 50.60 0.00% 80.73
K0821 人工関節置換術(膝) 14 2.21 37.86 0.00% 78.14

(定義)診療科別に手術件数の上位3術式について、人数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を表示しております。

同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみ計上しております。複数の診療科に転科している方がそれぞれの科で手術を行った場合術前日数は、DPC上、主たる手術と判断した手術で計算しております。 輸血関連(K920$)、 創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外しております。術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日までで計算しております。 「転院」については、退院先が他の病院・診療所へ転院した場合とし、転院患者数/全退院数で転院率の計算をしております。


産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K893 吸引娩出術 24 0.583 4.96 0.00% 26.46
K895 会陰(陰門)切開及び縫合術(分娩時) 24 0.583 4.96 0.00% 26.46
K8982 帝王切開術 (選択帝王切開) 12 1.0 7.75 0.00% 31.17

(定義)診療科別に手術件数の上位3術式について、人数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を表示しております。

同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみ計上しております。複数の診療科に転科している方がそれぞれの科で手術を行った場合術前日数は、DPC上、主たる手術と判断した手術で計算しております。 輸血関連(K920$)、 創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外しております。術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日までで計算しております。 「転院」については、退院先が他の病院・診療所へ転院した場合とし、転院患者数/全退院数で転院率の計算をしております。


眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 39 2.54 3.00 0.00% 75.36
K252 角膜・強膜異物除去術

(定義)診療科別に手術件数の上位3術式について、人数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を表示しております。

同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみ計上しております。複数の診療科に転科している方がそれぞれの科で手術を行った場合術前日数は、DPC上、主たる手術と判断した手術で計算しております。 輸血関連(K920$)、 創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外しております。術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日までで計算しております。 「転院」については、退院先が他の病院・診療所へ転院した場合とし、転院患者数/全退院数で転院率の計算をしております。

ー(ハイフン)が記載されている項目は患者数が10人未満の場合です。


耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K339 粘膜下下鼻甲介骨切除術 14 1.50 7.429 0.00% 65.71
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 14 2.79 9.786 7.14% 71.50
K347 鼻中隔矯正術 14 1.50 7.357 0.00% 65.50

(定義)診療科別に手術件数の上位3術式について、人数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を表示しております。

同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみ計上しております。複数の診療科に転科している方がそれぞれの科で手術を行った場合術前日数は、DPC上、主たる手術と判断した手術で計算しております。 輸血関連(K920$)、 創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外しております。術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日までで計算しております。 「転院」については、退院先が他の病院・診療所へ転院した場合とし、転院患者数/全退院数で転院率の計算をしております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 21 0.03%
異なる 14 0.68%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

(解 説)この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、敗血症、播種性血管内凝固、手術・術後の合併症、その他の真菌症について、入院契機病名(入院の切っ掛けとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者様数と発症率を示したものです。

ー(ハイフン)が記載されている項目は患者数が10人未満の場合です。

更新履歴
2016/09/29      新規作成