• 交通アクセス
  • 休日・夜間診療
  • 病診連携について
  • 採用情報

病院指標(DPC指標)について 令和2年度 公立神崎総合病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 15 16 27 34 59 172 289 405 275

当院は中山間地域に位置しており、高齢化が顕著に進んでいます。その影響が患者層に反映され70歳代以上の方が大多数を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 89 30.3 17.2 0 88.2
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 44 18.5 13.0 0 84.0
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 25 30.4 20.0 0 89.6
100380xxxxxxxx 体液量減少症 21 41.2 10.5 0 85.1
180030xxxxxx0x 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア2 16 24.1 10.7 0 63.0

内科においては、心不全、肺炎、誤嚥性肺炎(※1)の方がたくさん入院されています。肺炎に関しては入院料が細分化されており表内以外にも肺炎で入院された方がいらっしゃいます。平均年齢もすべて80歳以上となっており、高齢者の方々が罹患しやすい疾患が上位を占めています。少子高齢化が深刻な当院の周辺状況と連動してたくさんの方が罹患されています。※1:誤嚥性肺炎=物(食物や水分など)を飲み込むことを『嚥下機能』、口から食道へ入るべき物が気管に入ってしまうことを『誤嚥』といいます。種々の原因により嚥下機能が低下し、異物(食物、唾液、胃液)とともに細菌を気道に誤って吸引することによって生じる疾患です。ー(ハイフン)は症例が10件未満であることを示しています。


外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 32 3.2 2.6 0 63.6
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 19 12.2 9.5 0 79.6
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 17 6.4 7.7 0 66.2
060390xxxxx0xx 細菌性腸炎 処置2なし 16 6.6 7.4 0 52.5
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 14 10.5 4.8 0 65.0

外科においては大腸ポリープなどを内視鏡的に切除する目的で入院される方がたくさんいらっしゃいます。他には腸炎などの消化器疾患で入院される方が多くいらっしゃいます。表内には掲載されていませんが、悪性腫瘍や急性虫垂炎、腹膜炎など緊急性や侵襲の高い手術を必要とする疾患で入院される方もいらっしゃいます。ー(ハイフン)は症例が10件未満であることを示しています。


整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 62 60.1 25.0 0 86.3
160690xx99xxxx 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 54 38.4 18.8 0 83.7
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 19 17.6 5.1 0 69.1
080010xxxx0xxx 膿皮症 処置1なし 15 24.2 12.8 0 57.6
160850xx01xxxx 足関節・足部の骨折・脱臼 骨折観血的手術 鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他等 11 47.9 18.7 0 70.0

整形外科では、胸椎または腰椎の圧迫骨折のために入院される方と大腿骨の骨折のために入院される方が突出して多くいらっしゃいます。どちらの疾患も平均年齢が80歳以上となっており高齢の方が多く入院されています。大腿骨の骨折については、手術を受けられる方が多い傾向にあります。そのため、後述の手術件数と連動してたくさんの方が対象となっております。ー(ハイフン)は症例が10件未満であることを示しています。

 

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

対象の方が各項目ともに10人未満のため掲載しておりません。表内には掲載しておりませんが、当院でも悪性腫瘍に対する手術や化学療法などの治療を行っております。ー(ハイフン)は症例が10件未満であることを示しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 38 23.5 85.0
重症 11 21.3 86.2
超重症 10 30.1 90.8
不明 - - -

肺炎の重症度はA-DROPスコア(※2)を用いて軽症~超重症の4段階で表記しています。また、集計の対象となるのは誤嚥性肺炎や小児の肺炎を除く市中肺炎(普段の社会生活の中で発症した肺炎)の成人の方です。軽症以外のケースはいずれも平均年齢が80歳以上となっており高齢な方ほど重症化しやすい傾向となっています。※2:A-DROPスコア=年齢や性別、呼吸状態などを元に肺炎の重症度を示す指標です。ー(ハイフン)は症例が10件未満であることを示しています。

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 15 39.2 84.0 0
その他 - - - -

上記の結果は3日以内に発生した急性期の脳梗塞に罹患された方です。それ以外の方は10人未満のため記載しておりません。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 32 0.03 2.25 0 63.6
K6335 鼠径ヘルニア手術 14 1.07 8.50 0 65.0
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 13 1.53 9.23 0 77.7
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 13 3.76 9.23 0 64.6
- - - - - - -

内視鏡的に実施する手術が多くを占めています。表内にはありませんが開腹による手術や悪性腫瘍に対する手術なども実施しています。表内にはありませんが腹腔鏡による手術や開腹手術も行っています。ー(ハイフン)は症例が10件未満であることを示しています。


整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 52 2.19 60.30 0 87.1
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 17 3.05 22.29 0 74.1
K028 腱鞘切開術(関節鏡下によるものを含む)(指) 12 0.66 4.16 0 67.6
K0811 人工骨頭挿入術(股) 11 4.54 43.0 0 81.7
- - - - - - -

入院患者数とも連動しますが、大腿骨の骨折に対する手術件数が突出して多くなっています。また、ばね指や表内には表示されていませんが各種骨折の手術も行っています。ー(ハイフン)は症例が10件未満であることを示しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.01%
異なる - -

表内の「手術・処置等の合併症」には、人工透析を導入されている方のシャント(※)が詰まったり不具合が生じた際に入院される方が含まれています。非常勤の血管外科医師がシャントを拡張させたりすることで詰まりや不具合を解消させて人工透析を問題なく行えるよう処置しています。※:シャントとは自分の血管または人工血管を用いて静脈を動脈に縫い合わせてつなぐことにより、動脈血を直接静脈に流すことをいいます。ー(ハイフン)は症例が10件未満であることを示しています。

更新履歴
2021.09.29

新規掲載